任意整理の手続きの流れ

債務整理と聞くと、自己破産のように裁判所が介入してくる手法をイメージしがちですが、債務整理の方法には裁判所を一切通さずに、債務者と債権者の交渉ですすめていく方法もあり、それが「任意整理」と呼ばれるものです。任意整理では、債務者が直接交渉してもうまくいくことは殆ど無いため、弁護士や司法書士に交渉の代理を依頼してすすめるのが一般的です。

債務者が弁護士に依頼するとした場合の任意整理の手続きの流れについて述べると、債務者から依頼を受けた弁護士は、まず債権者に受任通知を行うとともに、債権届出と取引履歴開示を請求します。通知を受け取った債権者は以後支払いの催促をストップし、弁護士に回収の対象となっている債権を届け出て、取引履歴に関する書類も送付します。まれに受任通知後も取り立てを行おうとしてくる債権者がいますが、これは違法行為となっているため、万が一そのような行為があった場合でも弁護士が法に従って対処してくれます。

請求した内容に関する書面が債権者から届くと負債の全容が判明するので、弁護士は利息制限法に基づいて引き直し計算を行い、正式な負債総額を確定させます。任意整理を選択した場合は、このあと債権者と交渉する流れになり、合意が形成された場合は和解契約が締結されます。以後、債務者は契約書に記載された条件で債務の弁済をすすめていくことになります。

以上が任意整理の大まかな流れですが、債権者の数が多い場合に任意整理を選択すると、この流れを何度も繰り返さなければなりません。そのため、債務の状況によっては別の債務整理の方法を選択し、早期に債務問題の決着を図ることがあります。